2018/06/08

おかげさまで、6月1日に「からだ元気治療院 杉並高円寺店」新規オープン致しました。

オープンまでの間に、たくさんの方々のお力をお借りました。
この場を借りて、お礼申し上げます。
ありがとうございます!

患者様お一人お一人に寄り添った治療をし、
皆様へ多くの笑顔をお届けする治療院を目指しています!
少しでも地域の皆様のお役に立てればと思っておりますので、
今後とも、よろしくお願い致します。

2018/04/12

人の身体の基本構成は「気・血・水(津液)」と言われているとお伝えしましたが、
今回は最後の“水(津液)”について、お伝えしたいと思います。

水(津液・しんえき)は身体の血以外の全ての水分のことを指します。
水穀の精微の液体部分のことです。(「水穀の精微」詳しくはこちら


「水穀の精微の液体部分」とは、唾液・胃液・涙・汗・リンパなど流動性のあるものと、
皮膚や筋肉、臓器の細胞内、関節 腔や髪の毛などを潤しているもの全てを指します。

全身を巡った水は「腎」にいったん集められ、振り分けられます。


まだ使える水は再び循環し、使えない水は排泄され...

2018/04/05

前回のブログで、人の身体の基本構成は「気・血・水(津液)」と言われているとお伝えしましたが、
今回は“血”について、お伝えしたいと思います。

血を作るに必要なのは“水穀の精微”です。
水穀の精微って何か覚えていますか?
そう!飲食を通して得られる“栄養豊富な物質”です。
気と同じですね。

水穀の精微の一部は脈管を通って、清気とくっつきます。


はいっ!また復習です。
清気って何か覚えていますか?
そうです。“キレイな空気”です。

心臓(心)と関わって、赤い液体(血)となります。
血は「肝」に貯められて、必要に応じて心から送り出されます。
「...

2018/03/20

東洋医学では人の身体の基本構成は「気・血・水(津液)」と言われています。
まず、1つ目の“気”について、お伝えしたいと思います。

中国古来の考え方は、宇宙を構成するものは“気”であると考えていました。
そのため、人間の身体も“気”で構成されているという考えです。

ではその“気”とはなにか?…簡単には答えられない質問ですが…
“気”とは“生命のエネルギー”と捉えてもらえれば、わかりやすいと思います。
“気”について詳しく語れないものの、私たちは普段から“気”について口にしています。
「病は気から」「気分が良い」「気がゆるんだ」などなど。
...

2018/03/15

日本では2人に1人はがんになる時代です。

がんと上手に付き合うための工夫を教えて下さる

「がん緩和ケア講演会“がんと上手につきあうために”」の講座をご紹介します。

私も参加しますので、現地でぜひお会いしましょう!

★☆がんと上手につきあうために☆★
 内  容:日本では2人に1人はがんになる時代です。
      がんの療養生活を送る上での困りごと、脱毛や爪のケア、食事などについて
      ちょっとした工夫をすることで自分らしく明るく過ごせることができます。
      がんと上手くつきあう工夫を相談経験の豊富な講師から伺います。
...

2018/03/13

“東洋医学”と聞いて、皆さんはどんなイメージを持たれますか?

「痛い」「非科学的」そんなイメージを持たれますか?

それとも、最近では漢方薬なども注目を集めていますので、
「身体に優しいそう」「体質改善できそう」なんてイメージをされる方もいらっしゃるのかもしれません。
それでも実際に漢方薬を処方してもらったり、鍼灸院に通ったりする方はまだ多くないように思います。

東洋医学に興味を持ちつつも、「はりやおきゅうは、ちょっと不安」「漢方って本当に効くかしら?」と一歩踏み出せないあなたへ。
“東洋医学”の魅力をお伝えできればと想い、ブロブを書きます...

2018/03/02

~ゆうゆう館とは~
区の高齢者の施設です。高齢者の生きがい充実、地域での活躍の場作り、
健康つくりに加え、地域の多様な世代の方の利用や交流を図るため、
どなたでも参加ができるそうです♪ 

☆イベントのご紹介☆
●アンチエイジング・ゲーム
 日  程:3月6日(火) 10:00~12:00
 費  用:500円/回

 参加資格:一般、高齢者杉並 区内在住・在勤・在学の方
 定  員:24名(先着順)

 申  込:当日、直接会場へお越しください。

 会  場:ゆうゆう阿佐谷館
      杉並区阿佐谷北2丁目18番17号
      電話:03...

2018/02/27

治療院として、肩、腰、膝などの身体の痛みの軽減にお役に立ちたいと思うことはもちろんのこと、“患者様やご家族様のそばに寄り添う治療院になりたい!”という想いがあり、今回は「認知症サポーター養成講座」を受けてきました。

養成講座を受けて印象的だったのは、認知症のご本人の直筆の日記。「自分のしている事がわからない。家族に迷惑をかける毎日。情けなくて歯がゆい。」そんな言葉が綴られていました。
認知症の方は何もわからないのではない、誰よりも不安と苦しみで押しつぶされそうになりながら戦っていることや、そのご本人を支えてるご家族も、一緒に苦しんでい...

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ